妊娠と出産費用@基礎体温を調べよう♪

出産費用の中で、病院にかかる費用の初診料や定期検診代は、総額で10万円前後かかるといわれています。そこに、尿検査や血液検査などの検査費用を含めるとさらに費用がかかります。分娩費や入院費は、病院によってはかなり差が出るところですが、30〜50万円が平均的な金額です。そのほかの出産費用としては、マタニティ用品、ベビー用品などの費用が必要です。

病気になったときに必要な健康保険制度は、妊娠や出産には適用されません。妊娠や出産は病気ではないからです。適用されないとはいっても、何か異常があったときは、もちろん保険は適用となりますので、さらに高額な費用を支払うといった心配はありません。

出産費用の負担を減らすため、国では、分娩費の一部を補助してくれる制度があります。補助を受けるには条件を満たしている必要があります。また、手続きも必要で、出産後2年以内に手続きしなければ無効になってしまうので気を付けましょう。

妊娠中のマタニティウエアや下着、赤ちゃんの衣類などは、人に譲ってもらうことができれば、かなりの出産費用を抑えることができます。レンタル用品なども上手に活用すれば、さらに費用を抑えることが可能でしょう。内祝い費や出産祝いのお返しは、頂いた金額を考慮して決めるとよいでしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。