妊娠とつわり@基礎体温を調べよう♪

つわりは妊娠4〜6週ごろから始まり、11〜12週で終息するのが最も一般的ですが、なかには出産直前まで続く人がいるなど妊娠とつわりにはかなりの個人差があります。つわりの症状も人それぞれで胸がムカムカする、においに敏感になって気分が悪くなる、吐き気があるなどの症状があります。

つわりを英語で言うとモーニングシックネスと言います。朝起きた際の空腹時につわりの症状が強く感じられるためです。仕事をしている人などは朝よりも仕事から帰宅した後に疲れが出て、つわりの症状が出やすいようです。今までに少々の熱でも元気な人でさえ、妊娠のつわりは相当辛いもののようです。妊娠とつわりは、気の持ちようではどうにもならないようです。

妊娠とつわりで特に気をつけなければならないのは脱水状態です。つわりで水を飲んでも吐いてしまう場合は、急な脱水症状によって取り返しのつかない影響が出る危険もあります。つわりが段々重くなってきて、体重が急に減ってきている時は、体内の水分まで失われないように注意しましょう。

妊娠とつわりは本当に辛いものです。妊娠初期のつわりを乗り越える対策としては、 食べられるものだけを食べる、 友人などと外で会って気分転換をする、 食事の用意がつらいときは無理をしない、空腹時はつわりの症状がでやすくなるので、軽く食べられる物をいつも用意しておく 、などに心がけておくと良いでしょう。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。